ストレスが原因で乾燥肌に ストレス対策は

water

乾燥肌で悩んでいませんか?乾燥肌になる原因の一つにはストレスがある事を知っていますか?

実は乾燥肌とストレスには密接な関係があるのです。
・ストレスと乾燥肌
ストレス社会のこの世の中でストレスを溜めずに生きていくのは現実的には不可能でしょう。

しかし、ため込み過ぎてしまうと病気の元になります。これは乾燥肌にも通じるところがあります。

乾燥肌になる原因の根本としてはストレスが関係します。

日常生活でイライラがあまりにも続くようであれば、うまくストレスを発散させましょう。

でもどうしてストレスと乾燥肌が関係するのでしょう。

まずストレスには大きく分けると外的なストレスと内的なストレスがあります。
外的ストレストは肌の外側から加わる刺激の事です。内的ストレスは体の内部から発生するものをいいます。

例えば人間関係からくる精神的なストレスの他に、睡眠不足など生活習慣の乱れから発生するものもあります。

乾燥肌に悩んでいるのならこれらのストレスとうまく付き合う必要があるのです。

ストレスは活性酸素という肌に悪影響を与える物質を生む原因にもなります。

この物質の作用は細胞を炎症させたり、老化を促進したりすると言われています。

ですからストレスとうまく付き合う事ができないと乾燥肌や肌荒れを引き起こしてしまいます。

さらにストレスにはホルモンバランスを左右する働きがあります。

身体がストレスに反応をすると、男性ホルモンやストレスホルモン、副腎皮質ホルモンが分泌されます。

これらのホルモンの作用により皮脂分泌が活性化して、さらに肌の新陳代謝にも影響が出ます。

他にも肌荒れや乾燥肌の原因にもなります。ストレスを完全になくす事は現実的には不可能ですが、

乾燥肌の事を考えるならうまくストレスと付き合う事が大事なのです。精神的なストレスも適度に発散させて、

生活習慣も改善していきましょう。